「宇宙のタネ」プロジェクトについて

古くは鉄砲伝来の地、近年では宇宙開発の最前線として知られる“種子島”。2017年より、「宇宙」をテーマにしたアートプロジェクトやイベント「種子島宇宙芸術祭」を毎年開催しています。人類はなぜ芸術に目覚めたのか? 宇宙の成り立ちや生命の誕生など、私たちにとって大切なテーマを探る芸術祭です。

種子島宇宙芸術祭は、コンセプトの一つとして「みんなでつくる芸術祭」をめざします。体験型作品やワークショップの開催などを多数開催し、オープンな芸術祭を作り上げていきます。そのなかで、自分たちも芸術祭の仲間として参加したい!と思う方々が積極的に参加できるチャンネルをご用意しました。

豊かな大自然と歴史のある種子島を舞台に、未来を見つめる―そんな新しいプロジェクトを募集します。ふるってご応募ください!

 

◆ 募集概要

エントリーしていただいたプロジェクトは、クラウドファンディングサイト「A-port」内において、「種子島宇宙芸術祭2018プロジェクト募集」で公開され、全国より支援者を募ります。目標金額達成したプロジェクトは、宇宙芸術祭公認プロジェクトとして、芸術祭事務局がプロジェクトの達成に向けてお手伝いします。